植村冒険館 ~不世出の冒険家~(博物館) 東京都板橋区

美術館・博物館・天然記念物・灯台・国宝・文化財まとめて検索!

植村冒険館の基本情報

施設名植村冒険館
施設区分博物館 
所在地〒174-0046 東京都板橋区蓮根2丁目21-5
電話03-3969-7421
URLhttp://www.uemura-museum-tokyo.jp/index.html
Mail
概要

「植村冒険館」は 、東京都板橋区にある博物館

冒険家 植村直己 昭和16年(1941年)生まれ。
モンブラン登頂を皮切りに、北極点犬ぞり踏破や世界初の5大陸最高峰登頂など、不世出の冒険家として活動、昭和59年2月(1984年)にマッキンリーで消息を絶つ。

「植村冒険館」では、ご家族から譲り受けた直己氏の装備や、写真、図書などが展示されています。

植村直己さんの軌跡植村記念財団ホームページより

1964年(昭和39年) 23歳 明治大学を卒業し、外国でアルバイトをしながら各地の山を登る。
1966年(昭和41年) 25歳 モンブラン登頂(ヨーロッパ最高峰 4807メートル)、キリマンジャロ登頂(アフリカ最高峰 5895メートル)
1968年(昭和43年) 27歳 アコンカグア登頂(南米最高峰 6960メートル)、アマゾン川6000キロメートルを60日かけてイカダで下る
 帰国 この頃から板橋区仲宿で暮らしはじめる
1970年(昭和45年) 29歳 エベレスト登頂(世界最高峰 8848メートル 日本人初)、マッキンリー登頂(北米最高峰 6194メートル)、世界初の5大陸最高峰登頂者となる。
南極への夢
1971年(昭和46年) 30歳 日本列島3000キロメートル縦断
1972年(昭和47年) 31歳 極北の村で暮らす(1971年から1973年)
1974年(昭和49年) 33歳 北極圏1万2千キロ犬ゾリの旅に出発〈グリーンランド西海岸〉
1976年(昭和51年) 35歳 アラスカ・コツビューまで到達する
1978年(昭和53年) 37歳 北極点単独犬ゾリ到達(世界初)
1980年(昭和55年) 39歳 冬季エベレスト遠征(途中で登頂断念)
1982年(昭和57年) 41歳 南極大陸へ(協力が得られず行動断念)
1983年(昭和58年) 42歳 ミネソタの野外学校へ
1984年(昭和59年) 43歳 冬季マッキンリー単独登頂(世界初)、登頂成功を伝える無線交信を最後に消息を絶つ、国民栄誉賞受賞、グリーンランドの南端の山が「植村峰」と命名される

Photo:植村冒険館 By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください